生命の實相哲学, 青年の書

忙しい日々が続いていますが、今日一日はゆっくりと過ごすことができそうです。

これを機会にブログで何を皆さんにお伝えすべきかと思った時、やはり夢の話になってしまう・・・。

誰もが皆夢を叶えることができる! ...

生命の實相哲学, 青年の書

さて今回は、私が個人的に特に思い入れの深い話についての感想です。

30年ほど前から私の記憶の奥底に、深くしっかりと住み着いている話であり、50歳近くなった今読んでみても(もう何回目かも分かりませんが)、飽きることなく、初め ...

生命の實相哲学, 青年の書

ネットカフェ難民:いわゆるホームレスの一種で、定住する住居がなく、寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用する人々のことを指す造語(ウィキペディアより)。

 

インターネットのニュース記事を見る ...

生命の實相哲学, 青年の書

悲しい知らせを聞きました。

このブログにて読書会を開催しておりますが、その最初の選定本として平賀玄米様が謹写されていた「第二青年の書」を使わせて頂いています。

谷口雅春先生の御著書の普及に尽力されていた、その平 ...

生命の實相哲学, 青年の書

実は体調を少し崩してしまいまして、毎週末にブログをアップする予定なのですが、先週はお休みさせて頂きました。

あるセミナーに参加して以来どうも風邪気味で、仕事は普通にやり切りましたが、その分週末にどっと疲れがでました。

生命の實相哲学, 青年の書

まず始めにこの寓話から。

物質的に非常に豊かな環境にあった王子が、どうしても幸せを感じられない。

それを心配した王が一人の魔法使いから回答を得た。

魔法使いは答えを白紙によって示す。

そ ...

生命の實相哲学, 青年の書

今回は谷口雅春先生著『青年の書』、第二章「背水の陣をしけー機会をみずから作ることー」を基に想うところをお話したいと思います。

ところで皆さんは、”こうなりたいなあ”とか、”ああいう人になりたいなあ”、という理想の自分像をお ...

生命の實相哲学, 青年の書

さて私が推奨しております、谷口雅春先生著『青年の書』。

その第一章がすばり、「夢を描け」です。

本のタイトルが『青年の書』ですから、その第一章としてふさわしいタイトルですね。

”青年よ大志を抱け。” ...

PAGE TOP