生命の實相哲学, 青年の書

まず始めにこの寓話から。

物質的に非常に豊かな環境にあった王子が、どうしても幸せを感じられない。

それを心配した王が一人の魔法使いから回答を得た。

魔法使いは答えを白紙によって示す。

そ ...

大熊良樹, 生き方

 

皆さんだったら標題にある、〇〇の中に何を入れるでしょうか?

しばし、お考えください・・・。

私の答えはブログの最後の方でお話しますね。

さて、今回は「いのちが喜ぶ話」お勧め ...

仕事, 出世

書斎を持つことに憧れていました。

今からもう15年以上前のことです。

実は書斎というよりも、本当は自分専用の、”リスニング・ルーム”が欲しかったのです。

”それなりのオーディオ環境と、座り心地の良い ...

お酒, 健康

標題については、今まで1、2と書いてきました。

その2の中で、稲盛和夫氏が愛読されていた谷口雅春先生著『生命の實相』について紹介しました。

全巻で40巻あるのですが、中でも初めて読まれる方に私が自信をもってお勧 ...

健康, 野菜

ずっと以前に紹介しました、野菜をスムージーにして取得する方法がこれです。

 

野菜・果物スムージーで病気のない健康生活を実現!

 

これは私イチ押しの食生活改善法・健 ...

プロレス, 内藤哲也

今回はプロレスの話をしますので、知らない人にはちょっと入り込みずらいかもしれません。

が、これを機会にプロレスに興味を持ってもらえたらうれしいですし、また標題にもありますように、内藤哲也選手という今をときめく稀代なるレスラ ...

大熊良樹, 生き方

標題、ちょっと重いテーマのように聞こえます。

普段自分の命より大切なものってあるのか、それが何であるのかなんて考えることはそうそう無いでしょうから、この機会にちょっと考えてみませんか。

人間、本能的に自分の命を ...

生命の實相哲学, 青年の書

今回は谷口雅春先生著『青年の書』、第二章「背水の陣をしけー機会をみずから作ることー」を基に想うところをお話したいと思います。

ところで皆さんは、”こうなりたいなあ”とか、”ああいう人になりたいなあ”、という理想の自分像をお ...

健康,

口臭。

自分では全く分からないまま周りに公害をまき散らしている・・・。

厄介なことにそれに関しては、周りの人も大方指摘しない。

実際あなたは他人に、”あなた息が臭いようですから注意した方がいいですよ ...

生命の實相哲学, 青年の書

さて私が推奨しております、谷口雅春先生著『青年の書』。

その第一章がすばり、「夢を描け」です。

本のタイトルが『青年の書』ですから、その第一章としてふさわしいタイトルですね。

”青年よ大志を抱け。” ...

PAGE TOP