ブログ紹介

2018年8月11日

みなさんこんにちは、初めまして。

ブログ管理人のハルです。

このブログのタイトル、“Live Well Labo”。

”リブ・ウェル・ラボ”、と読みます。

管理人注:以前は”充実人生ラブ”というタイトルにしていましたが、その後変更(2018年8月)。

LaboとはLaboratoryの短縮形であり、タイトルの意味は以下の通りです。

 

Live :リブ(生活する)

Well:ウェル(良く)

Labo:ラボ(研究所)

 

つまり、良く生活することについて研究する、ということです。

良く生活するとは漠然な言い方ですので、充実した日々を送る、と解釈してください。

充実した日々(人生)を送るってそもそもどういうことなのか?

それを実現するために必要なことは何なのか?

その様々な手法について考え、実践し、成果を確認してゆく。

それがこのブログで皆さんにお届けする内容です。

”このブログに出会ったおかげで、人生が好転した”、そう言われるような記事の発信を目指して行きます。

更新頻度は、今のところ週一回を予定しています。

どうぞよろしくお願いします。

以下、簡単な自己紹介です。

 

妻と娘二人の四人家族。

大学卒業後、大手ハイテク製造業に入社、経理課に配属となる。

アメリカへ出向したのを機に現在の妻と知り合い意を決して結婚・移住を決意。

会社を退社し、アメリカ西海岸で新しい生活のスタートを切る。

 

思えばここからスタートしたんだなあと・・・、感慨深いです。

 

移住当初は仕事もなく、住んでいたアパートの裏を流れていた川で毎日釣りをしていた。

浮浪者のような長期失業中のおじさん達と友達になり、釣りを教えてもらった。

岸からの投げつりで釣果は3~4人で丸一日かけて一匹釣れるか釣れないか。

しかし釣れたらでかく、あたりがあると大興奮。

皆でわいわいしながら暗くなるまで鮭釣りに興じた。

 

このころは自由を満喫しておりました・・・。

 

でもそんな生活も当然長くは続かず、3ヶ月ほど経ったころ、生活費を稼ぐため派遣会社を頼って某大手日系企業の経理課で職を得る。

幸い良い上司にも恵まれ後に正社員として採用となる。

その際会社からの援助もあり、仕事が終わって地元の大学に通い始めなんとか経理学位を取得。

会社が終わってからの学校通いは辛かった・・・、何度も授業を途中で抜け出し帰宅していた。

 

本当に大学へ行くのは大っ嫌いでした(苦笑)。宿題をやっていない時など、あてられたどうしようとびくびくもんでした。この写真のように休みの日はスタバへ行ってグループ・プロジェクトもやったなあ・・・。

 

その後折からのハイテク不況により工場はあえなく閉鎖。

それをきっかけに自宅にこもってCPA(米国公認会計士)の試験勉強をし、試験に合格。

CPAファームで働こうと仕事を探し始めたがなかなか見つからず落ち込む・・・。

幸いなことに某米系製造会社の経理課長からCPA免許取得をスポンサーするとのありがたい誘いがあり、そこに就職。

 

CPAの試験勉強を口実に、9か月ほど無職でした。実際はそんなにはかどらない(苦笑)。隣の定年退職しているおじさんのガレージに行って、一緒にタバコ吸いながら、椅子に座ってまったりしていた時が懐かしい(このころは”もらいタバコ”をやってた時期です)。

 

実際働いてみるといろんな苦労に遭遇。

全従業員150人中、日本人は自分一人。

今思うと結構舐められていたと思うこともしばしば。

また経理課長もスポンサーすると言ったものの、実際に免許取得するまでに6年も費やされた(通常は2~3年で取得できる)。

ともかく大苦労の末、ようやくCPA免許を取得できた。

 

CPAの免許が取れた時は嬉しかったなあ~、滅茶苦茶苦労しましたから。・・・それにしてもアメリカでの経理の仕事も長くなった。その割にはあんまり成長してないような・・・。

 

その間娘を二人授かる。

長女が生まれた時が丁度米系製造業で働き始めた時、その4年後に次女を授かる。

この時期の5~6年は楽しいながらも苦労の多い年であった。

 

初めて買った家はこんな感じでした。タウンハウスといって、大きな家を4家族で共有してました。4家族みんな仲良くて、週末はいつもパーティーだったなあ、懐かしい思いでです。10年前に売って現在の家に引っ越しました。

 

その後諸事情を経て転職し、現在は某ハイテク日系企業にて働いています。

 

 

さてここからはこのブログを開始したそもそものきっかけについてです。

”生命の実相哲学”を提唱された谷口雅春先生を尊敬しており、御著書である『生命の實相』は愛読書。

管理人注:下写真、谷口雅春先生です。「生長の家」創始者・谷口雅春先生を学ぶ会様のHPよりお借りしました。

一日数ページながら毎日欠かさず読んでいます。

谷口雅春先生は宗教団体「生長の家」を創設されましたが、自分は「生長の家」の信者になったことはなく、今現在もどこの宗教団体にも所属していません。

”生命の実相哲学”に触れることになった最初のきっかけは、母が「生長の家」の信者だったからであり、以来高校~大学あたりから『生命の實相』を読み始めましたが、「生長の家」の行事に参加することはありませんでした。

一度だけ母に連れられて地元の練成会に行ったことはあります(当時は谷口清超先生でした)。

しかしその後大学で地元を離れ、就職してまもなく海外へ移住したため、「生長の家」とは縁がありませんでした。

母も私が『生命の實相』『青年の書』等を好んで読んでいたことは知っていたので、無理して「生長の家」の行事に参加するように勧めはしませんでした。

しかし、「生長の家」と縁がなかった一番の理由は、谷口雅春先生から直接教わることができないという現実からだったように思います。

たくさんの御著書、講演の記録が残されておりますから、そこからいくらでも自分で学ぶことができますからね。

私自身この御教えを実践することで、素晴らしい人生を実現し今に至っています。

そんな素晴らしい教えを自分だけのものに留めておくことはもったいない・・・、その想いからこのブログを始めました。

ですから自分の場合、「生長の家」、「谷口雅春先生を学ぶ会」に所属されている信者さんとは違った経緯で”生命の実相哲学”を学んできたので、ちょっと異質(笑)な文章、表現に感じられるかもしれません。

”生命の実相哲学”が私の人生観の根底にあることは確かです。

しかしそれを根底にしながらも、固執することなく、幅広い視点から充実した人生を送る方法について考え、実践し、成果を確認して行きます。

どうぞ皆さんと共に幸せな人生を歩んで行けますように・・・。

都会よりも田舎の方が好きです。休みの日は自然の中でのんびりと過ごすのが最高です~。

 

 

Posted by HAL


PAGE TOP