その他, 生長の家

以前、この記事を書きました。

私はこうして『生命の實相』を読んでいます。

 

ここで書いているように、『生命の實相』を読んで行こうと決めた時の状況は、写真映像のように今でも覚えています。

PAGE TOP