生き方, 読書会

今回は読書会、第2回目となります。

谷口雅春先生著「第二青年の書」第4章から第9章までの内容、感想等について述べて参ります。

 

管理人注:下写真、谷口雅春先生です。「生長の家」創始者・谷 ...

心情, 生き方

当初実は他の事を書こうと思っていました。

しかし、この話題を耳にして、どうもスルーできない・・・。

話題がホットな今、この大切なテーマについて言及すべきだと思いました。

それでは早速行ってみましょう ...

生き方, 青年の書

悲しい知らせを聞きました。

このブログにて読書会を開催しておりますが、その最初の選定本として平賀玄米様が謹写されていた「第二青年の書」を使わせて頂いております。

谷口雅春先生の御著書の普及に尽力されていた、その ...

心情, 生き方

過日ある方から表記の件に関して、いろいろと教えられることがありまして、改めて気を付けようと思った次第です。

特に職場がらみで、いろんな愚痴をこぼす人がいると思いますが、そこには罠があります。

何気なく応じている ...

心情, 生き方

実はこの記事、元々の題名は、

「日本に生まれて、アメリカに住んで、今両国の国歌が心に染みる・・・。」

というものでしたが、どうも分かりにくい、日本の国歌の素晴らしを全面に出そうと思い、今のものに変更しました。

生き方, 読書会

新年明けて最初の週を終えた方も多かったかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は以前にアナウンスしました、「読書会」の感想文、第一回です。

課題となっている本は、谷口雅春先生著『第二青年の書』です(今回 ...

心情, 生き方

おくればせながら、皆さま新年おめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、今年最初の記事です。

今回は、普段から感じてい ...

生き方, 青年の書

実は体調を少し崩してしまいまして、毎週末にブログをアップする予定なのですが、先週はお休みさせて頂きました。

あるセミナーに参加して以来どうも風邪気味で、仕事は普通にやり切りましたが、その分週末にどっと疲れがでました。

生き方, 青年の書

生き生きとした日々、充実した毎日を過ごすということは、裏を返せば、標題にあるように日々進歩している人であるということと同意であります。

それは何故かと言うと、自分が進歩し成長して行くことが人生の喜びであり楽しみであるから、 ...

生き方, 読書会

 

読書会の概要

2018年を迎えるにあたって、来年、皆さまの人生をさらに充実したものにするために何かお手伝いできないだろうかと思い、考えつきましたのが表記の件です。

簡単に概要を説明します。

PAGE TOP