2.2 Stinking Thinking (悪臭漂う思想)

2019年4月29日

“DECISION POINT” シリーズ今回は第2章第2話のお話です。

「悪臭漂う思想」

4つあるのですが、これらの思想に侵されている限り、真の幸福はありません。

だからこの悪臭とは死臭のようなものと言っていいかもしれません・・・。

 

今回もマシュー・ケリー先生が素敵な表情と英語でお話下さっています。

それでは行ってみましょう。

 

悪臭漂う4つの思想とは、

Individualism(個人主義)

Hedonism(快楽主義)

Minimalism(最小主義)

Relativism(相対主義)

それぞれについて簡単に(ちょと極端な例かもしれませんが)説明すると、

個人主義はなんでも、私私と考える人。

他人より自分に常に関心がある人。

 

快楽主義は常に気持ちのよいことを求めること。

気持ちよければそれでいい、ということ。

 

最小主義とは、何をやるにも最低限のことで済ませようとすること。

一番簡単で、楽して、最低レベルのラインをクリアーしようとする信条のことです。

 

相対主義とは、普遍の真理を認めない人のこと。

みんなに正しいことが決して私に正しいとは限らないといって、普遍の真理までも否定してしまうことの人です。

 

 

 

今の世の中で、一番大きな問題って何なんでしょう?

一つはこれらの4つの考えに基づいた社会の価値観がありませんか。

今まで何回も話していますが、安易な堕胎の行為などはまさにこの4つの思想に基づいた行為ではないでしょうか。

上の動画で、マシュー・ケリー先生は、こう言われています。

“As modern culture and nations become increasingly secular, rejecting God and his way, they begin to implode.

(現代社会国家がますます世俗的となり、神とそのやり方を否定するにつれて、社会、国家は破裂し始めている。)

 

これら4つの思想に侵され、日々の生活を送っている人達は、神の思想を否定し悪魔の思想に洗脳されている人々です。

知らず知らずのうちにそのように侵されているのです。

悪魔の思想を広めている人々に”利用”されているのです。

でもいつかきっと気づく時がくる。

それが上で言う、”破裂”する時かもしれない。

 

どうぞ今一度、自分がどういった思想、信条に基づいて考え行動しているか深く考えてください。

正しい道を踏み外していると、いつか気づかされる時がきっと来ます・・・。

 

 

PS: 私事ですが、私生活で重大なことがあり、心が折れそうになりました・・・。

もう、ブログを更新するパワーも一時は失いました。

でも、何とか続けて行きます。

”God is with me, God is with me, God is with me…”

 

上の動画を英語で学んでみませんか?

前の話はこちらです。

NEW:次の話アップしました。


PAGE TOP