あなたはどんな困難にも負けることはありません!

今苦境に立たされている方、いろいろな状況がおありでしょう。

決してその事を軽く思っている訳ではありません。

ただ、事実として、我々は神の子であるのであるから、それ故に無限の力を本来備えているのであるから、いかなる困難にも負けるはずはないのだ、ということを再確認させて頂きたいのです。

以前、アメリカの第16代大統領、エイブラハム・リンカーンのお話を記事にしました。

彼が経てきた困難・苦境、それら全部克服して50年後に迎えた大統領の席、そしてその後人生最後の5年間でなしと遂げた歴史に残る偉業の数々。。。

彼は人間でした。

吾々も人間です。

彼と吾々の違いは何なんでしょう。

人間の”質”自体が違う・・・・、う~ん、正直それはあるでしょうね。

生まれた星の下が違いますから・・・。

でもそれが全てではないでしょう。

そんな如何ともしがたい理由だけではなく、彼と吾々共通にあって、彼が卓越していた点は何なのか・・・?

それは、自分を信じる力ではないでしょうか。

自分をとことん信じている、こんなもんじゃないんだ、本当の自分はもっともっと素晴らしいものを内に秘めているんだ、それを現わしだすぞ、その時まで諦めないぞ~、というその信念の強さです。

その素晴らしいものはみ~んなにあるのです。

それも”無限”に。

無限であるからこそ、その力を強く信じられる人ほど、どんどん、どんどんと出てくる。

あんな困難どうやって克服できたんだ~!!!

それは無限の力を引き出したから・・・。

だからとにかくその無限力を出して行こう、そう想うことがまずは大切です。

自分に備わる無限力を引き出す機会が、今あなたの直面している困難かもしれません。

だからチャンスなのです。

その困難を克服した先にあなたは必ず生長します。

いや、無限力があなたには備わっているのですから、どんな困難も実はあなたを打ちくだくことはできないのです。

だから必ず克服するのです。

克服せざるを得ないのです。

”いや、もう絶対無理、このまま死に果てるよ~。”

何て感じられても、そう感じられるだけで、本当のあなたはそんな弱いものじゃない

今直面している困難が、あなたを一ランク上の人間へと引き上げるチャンスなのです。

 

 

 

もしのんびりと、人生に暴風雨もなく、敵対する相手もなく、困難なる条件もなく、人間がずんべんだらりと寝て暮らすことができるならば、真に偉大なる力は、たといその人に宿っているにしても発現しなかったに違いないのである。

「青年の書」P120-121

 

先に述べた、リンカーンの例を再度考えてみます。

彼のこの世での人生は終わり、その始めから終わりまで、全ての歴史が吾々には分かっています。

あの苦境に満ちた人生を思うと、彼が大統領になれたのは、神様から与えられた様々な試練を克服したが故にと思えてしょうがありません。

別に神様も意地悪をしてそんな試練を与えたのだとは思いませんが(笑)、おそらく、大統領となるにはそれなりの魂の向上が必要であり、その大きな大きな試練を彼はぜ~んぶパスしてその結果大統領となった、としか考えられません。

それを成し遂げるには尋常でない意志の強さが必要であり、それをリンカーンは持ち備えていたのです。

 

さあ、翻って、吾々です。

皆様いろんな苦労・困難を抱えていると思います。

もう一度言いますが、吾々に宿る真の力を引き出すためにその困難は与えられているのです。

その困難を征服した先に、吾々は一歩先へと進むのです。

 

誰でもいざという危急の場合には日頃の数倍の力がでるのである。

困難は一寸法師を巨人の如く偉人ならしめ、凡庸なる人間を英雄にまで鍛え上げる。

「青年の書」P122

 

そんな無限の力なんてないよ・・・、弱気になっていませんか。

いや、ありますよ!

このような話聞いたことありませんか。

家が火事にあった。

夫は不在だ。

子供が3人、火に取り囲まれて泣いている。

5歳、4歳、3歳、みんな恐怖でパニックになって固まって動けない。

火は勢いを増してどんどん広がり近づいてくる。

今子供達を救わなければ手遅れになる・・・。

そう思った瞬間、お母さんは3人の子供を両腕、背中に担いで走りだしていた

お父さんならいざ知らず、非力なお母さんに3人の子供を同時に抱えて走るような脚力、腕力があるとは到底見えない。

これを普通の状況でやろうと思ってもムリでしょう。

”火事場のくそ力”をお母さんは発揮したのですね。

 

 

どうでしょう、この話信じられるでしょう?

通常信じられないような力が実は備わっているのです。

事実は”アル”ということ。

だからそれを出して行けばいい。

どうしたら出せるのか。

今想っている、”ナイ”という想いを”アル”という想いに変えればよいのです。

スイッチでいうと、”OFF”になっている状態を”ON”にするのです。

するとあなたの”無限力”という装置が動きだす

肝心なのは、その装置を常に”ON”にしておくということ。

瞬間的だけに”ON”になってもあまり効果はないですからね。

一番理想的なのは24時間365日、常に”ON”にしておく。

無限の力を備えた装置ですから、どんなに”ON”にしていても決して壊れることはありません。

とは言え、いきなり”OFF”の状態からそこまで劇的に変えるのは簡単ではないので(いや、実際相当チャレンジングでしょう:笑)、まずは、この「青年の書」を読んでみることから始めてみませんか

なぜなら、「青年の書」を読むことで、あなたの心は大きな感化を受け、無限力を”ON” にするスイッチが容易になされるようになるからです。

まずはとにかく、スイッチを入れましょうよ。

中古本でしたら、たったの百数十円の出費、新品でも1368円です。

もし仮に、買ってみて私に騙されたと思われたとしても、安いものではないですか。

トライする価値は十分にありますよね(ちなみに、そんなに多く在庫がある訳ではないです、今みたら17冊でした)。

もちろん私は自分の”儲け”なんてこれっぽちも思っていません。

もしそうだとしたら、もっと儲けるものを皆さんに売りつけますよ(笑)。

 

いずれ、この「青年の書」はリニューアル出版をする時が必ずきます。

表紙がねぇ・・・、正直古臭く今の人は手にしづらい。

しかし中身はいささかも古さは感じられない。

不変の真理には古いも新しいも無いですからね。

だからリニューアルって言いましたけど、中身は変更する必要は当然なく、表紙を今風に変えて再出版するだけです。

今は世間の風潮に埋もれていてもいずれ発掘される時が必ず来ます。

まずはこの記事を読んで賛同された方、興味を持たれた方にぜひ読んで頂いて、自分の秘めた無限力を発揮して、もっともっと偉大な自分をこの世に実現して欲しいなと思います。

“Reading “Seinen-no-syo” is believing your indefinite possibility!”

今回は谷口雅春先生著、「青年の書」第十三章 ”艱難(かんなん)の生み出す力”を参考に書かせて頂きました。

↓↓↓クリック↓↓↓


クリックしてカスタマー・リビューが読めます。その二つを以下紹介いたします。

すべての生き方に悩んでいる方にぜひ読んでもらいたい、人生最高のテキストである。この本を読んでいるかで、その人の生き方と人生が決まる。内なる声に目覚めれば、未来に自信がわき出て、それからの人生が成功に導かれる。もともと、青年用の書物であるが、幅広い年齢層の人に是非読んでもらいたい。この書をよんで、目前に起こる「奇跡の連続」に驚かざるを得ない。” By 象山さん

唯々素晴らしいです。未来へのバイブルであり、心の法則を軸に普遍的真理は永遠であると改めて理解させられました。これを読めばあなたも、わたしも幸福にならざるを得ないこと請け負いです。” By りりぽん推しさん

リンカーンの生き方に学ぶ、失敗・困難に屈しない心が人生を勝利へと導く。


PAGE TOP