失敗オッケー、挫折結構。Just take another shot(もう一回試してごらん).

”人生とかけてカメラととく、そのこころは?”

上のなぞかけですが、下の我が家の飾りものからです。

数年前に家族旅行に行った際、おみやげ屋さんで買ったもの、$20でした(笑)。

なかなか良いこと言ってますので、ちょっと訳してみます。

Life is like a camera.

(人生はカメラのようなものだ。)

Just focus on what’s important and capture the good times.

(大切なことにフォーカスして、良い時をつかみ取る。)

Develop from the negatives and if things don’t work out, just take another shot.

(ネガティブから創造して行き、うまく行かなかったら、再トライ。)

 

 

 

皆さん、なぞかけの意味お分かりでしょうか(笑)?

実はなかなか奥が深いのです・・・。

ポイントは二つあります。

一つは、

大切なことにフォーカスして、良い時をつかむ、ということ。

もう一つは、

ネガティブから創造して行き、うまく行かなかったら、再トライ。

です。

以下、解説しますね。

 

ますは、

① 大切なことにフォーカスして、良い時をつかむ。

良い写真を撮るにしても、良い人生を送るにしても、まずは大切なものにフォーカス(集中)することが必要だと言っています。

そうすることによって良い時を掴むことができるのです。

カメラでしたら、被写体に集中して絶好のシャッター・チャンスを掴むこと。

例えば、鳥が水中の魚を捕獲する瞬間とか思い浮かべれば分かり易いでしょう。

この場合、散漫に鳥の行動をただ眺めているだけでは、当然いい写真、観る人を感動させる写真なんて撮れない訳です。

被写体の鳥に神経を集中させて、魚を取る正にその瞬間を、一番いい画を撮ろうと思ってシャッターを押します。

集中しているからこそ、絶好のシャッターチャンスも生まれる訳です。

 

人生の場合はどうでしょう。

人生の場合、いろんな選択肢がある中で、本当に大切なことを見極めて、それに集中することが大切ですね。

人生の意義、理想の人物像、幸せな家庭、社会への貢献、趣味の充実、健康管理、などなど・・・。

そのようなことを考えることなく、漫然とただ何となく生きている。

これでは瞬間瞬間それなりに五官の欲求を満たす喜びはあるかもしれませんが、真の意味での喜び、有意義な人生を送ることはできないでしょう。

”自分(の魂)を生長させてくれるものは何なのか?自分(の魂)が心から歓喜できることって何なのか?”

それを見極め、日々それに集中し、それを磨き、楽しみ、自分の生長を実感しながら生きて行きことが良い時間(Good Times)を掴み事につながるのです。

また、そうすることで、意識のアンテナは研ぎ澄まされ、突然現れる千載一遇のチャンス(Good Times)をしっかりと掴むこともできるのです。

カメラも人生も大切なことにフォーカスすることがまずは一番大事だ、ということです。

 

次に、

② ネガティブから創造して行き、うまく行かなかったら、再トライ。

です。

 

ネガティブをカメラのネガティブ(ネガ=写真フィルム)と人生のネガティブ(逆境・ハンディキャップ・困難)にかけています。

今はデジタル・カメラで、ネガティブ、つまり、ネガ、写真のフィルムのことですね、これを使って写真をとるということはほぼなくなりました。

ここでは昔のフィルム・カメラ機を想定していまして、写真を撮る時は、まずフィルムに撮った映像を刻むことから始まる、そして上手く撮れなかった場合はまたチャレンジしましょうと、まあシンプルにこういった意味です。

今はデジタル・カメラでコストを気にすることなく何枚でも気楽にとれますが、昔はネガ(フィルム)に映していた訳で、写真をとるにも今のように、そこまで気楽ではなかった訳です(フィルム代がかかりましたからね)。

 

人生も同じですね、うまく行かなかった時は再トライすればいいのです。

諦めない限り、吾々は常に進歩し続けるのです。

ここでは、写真のネガティブ(ネガ=フィルム)にかけて、人生もネガティブ(逆境)から進展して行く、そこから人生を作り上げて行くんだよ、と言っています。

この逆境・困難に遭遇した時にどう対処するか、実はこの点が良い人生を送る要(かなめ)でもあります。

私は、克服できない困難はない(克服できない困難は起こってこない)と思っている。

だからここでも言っていますね、

“Just take another shot(もう一回、試してごらん)”

失敗結構。

挫折OK。

でも諦めたらダメだよ。

絶望だけはしたらダメだよ。

もうどうしようもない、絶対ダメだ、と思ったその時こそ解決の糸口がもうそこまで来ているのです。

夜明け前が一番暗いんです。

失敗したら、違った方法でトライしてみればいいんだよ。

それが、

“Just take another shot(もう一回、試してごらん)”

その根底にある想いは、絶対に克服できるという運命なんです。

そしてあなたは、素晴らしい結末を迎えるという人生劇場のシナリオなんです。

ちょうど素晴らしい傑作の作品をいずれはカメラで撮るようにね・・・。

いや、もう迎えているんです。

今がすでに素晴らしい人生劇場の一部分、ビギニング(始まり)なんです。

しかし、一つだけ条件があります。

そう、それは、諦めない、投げ出さない、こと。

それだけです。

”Just take another shot(もう一回、試してごらん)”

目的のある人生とは。

困難から逃げずに立ち向かう


PAGE TOP