お酒、アルコールをコントロールする方法について。(最終章:自己を支配するもののみが真の勇者である。)

2018年5月29日

お酒、アルコールをコントロールする方法については、今回で最後です。

自分としては、もう語り尽くした感がありますが、最後にもう一言だけ、一番大事なことをお伝えして、最後のメッセージとさせて頂きます。

お酒、アルコールは必ず克服できる・・・。

それでは、最終章、行ってみましょう。

 

言葉・想念の力を再確認しよう。

 パスカルはこういっている。

「言葉の力によって自分自身愚か者と言うならば、そしてそれを信ずるならば、彼は愚者となるであろう」と。

その反対も真理であるのである。

『青年の書』 P139

 

 

愚者と賢人になる選択があるとして、皆さんどちらを選ぶでしょう?

まあ、大抵の方は、賢人になることを選ぶでしょうね。

そう望んでおきながら、なぜ、実際の行動は愚者になるような行動をとる人が多いのか、これは不思議なところです。

行動といいましたが、正確にいうと、”誤れる想念を持つ”ということです。

具体的には、”ああまた飲みすぎちゃったよ、俺は本当ダメな人間だなあ”とか、”意志弱いし、お酒を断つなんて、できっこないよな”とか、自分自身を否定し、ダメ人間にしてしまう想いのことです。

賢人になりたい、酒を辞めてもっと素晴らしい自分になりたい、輝かしい人間になりたい、生き生きした人生を送りたい、など思っている一方で、上記に述べたような”誤れる想念”を持つということは、東に向いたいと願いながら、西に向かって走っているのと同じことである、と『青年の書』では述べられています。

欲していることと想っていることが逆なんですね。

これでは、願いは叶えられません。

 

 

 

 

お酒に支配されない自分の作り方。

前回その5の記事で、

”自分はお酒に支配されるような弱い存在ではない、そういう想いをもち続けることで、それを実践するための具体的行動が起こってくる。”

と述べました。

自分の場合は、それが朝の神想観の実践であったり、日々のジョギングであったりする訳です。

管理人注:”神想観”についてはこの記事で触れております。ここでは”瞑想”として紹介しました。機会をみていずれブログで詳しくお話したいと思います。

 

ですから鍵は、想い(想念)を強固にして行くこと、にあります。

そうすれば行動は自然とついてくる。

この点非常に大切ですから、詳しく解説しますが、実は『青年の書』P140に、この点をピンポイントでドンピシャに解説した文章があります。

以下、その文章をお借りして、若干アレンジしてお届けします。

それでは行ってみましょう。

自ら反省してみて、自分の欠点は「酒好き」であることを発見するならば、「自分は酒好きだ、自分は酒好きだ」と心に繰り返し念じていることでは、いよいよますます酒好きになるばかりで、「酒好き」の悪習慣から脱却することはできないのである。

「酒好き」から脱却しようと思うならば、「私はお酒をコントロールできるんだ。私はお酒をコントロールできるんだ。」と自分の心に常に言いきかせるように言っていると、観念は実現の原動力であるから「私はお酒をコントロールできるんだ」という観念が潜在意識の奥底まで浸透すると、いつのまにかその人はお酒をコントロールせずにおれないような状態になるのである。

もし吾々があやまって劇毒薬を服用したならば、医者は直ちにそれを中和する如き反対的性質の薬剤をのませるであろう。

それと同じく自分の心の中に、あやまって「酒好き」という観念が入っているために酒好きになっているならば、それに対して、なおいっそう「私は酒好きだ」とか「お前は酒好きだ」とかの考えをほりこむならば、なおいっそう中毒状態がはげしくなるであろう。

だから酒好きの観念を打ち消すためには、その反対の観念なる「私はお酒をコントロールできるんだ」という観念を心の中に投げこめばよいのである。

もし油に火がついて火事が起こっているとしたならば、その火を消さんがために、油を炎の上に投げかけても何にもならないのである。

火を消すためにはそれを打ち消すところの何かを投げかけなければならないのと同じことである。

その「何か」とは結局反対的な「観念」を心の中に投げ込めばいいのである。

管理人注:実際本文では、「酒好き」が「なまけ者」に、「私はお酒をコントロールできるんだ」は「私は勉強家だ」となっています。

 

考えてみたら、私も以前は、”お酒の誘惑には勝てない”、つまり裏を返せば、”それ位自分は酒好きだ”、と想い込んでいた訳です。

そうじゃないんですね。

それとは逆の想いを持つべきなんです。

上でも言ってますが、火を消そうと思ったら消火器ですよね。

油をそそぐなんて狂気の沙汰です。

でも、実際お酒を辞められない人のマインドをみると、この狂気の沙汰を実践しているんですね。

 

意志を想念、感情までに高めること。

上のフレーズ、これは谷口雅春先生がある講演会で言われていたことです。

例えば、お酒をコントロールしようと思う、これは意志です。

ここが出発点ではありますが、それだけでは実行するのは難しい。

この意志を確固たる想念にまで高めることが必要となります。

繰り返し、繰り返し想い念ずることで、自分の心にその想いを刻み込むのです。

上の例では、”観念が潜在意識の奥底まで浸透する”と言っていますが、そのことです。

そこまで到達すると、お酒をコントロールすることも可能になるのです。

そして、それがさらに高まってくると、想念は感情にまで発展します。

”ああ、お酒フリーの生活はなんて素晴らしいんだ、ありがたいなあ”、と心の底から感謝の気持ちが湧き上がってきます

ここまでくるとお酒の誘惑にはまり込むことは二度とないでしょう。

 

 

ファイナル・メッセージ。

次回、お酒が飲みたいなあと思った時に、次の言葉を思い出したください。

「自分はお酒に支配されるような弱い存在ではない。自分がお酒をコントロールするんだ。」

そして、その誘惑に抵抗してください。

もし誘惑に負けてしまったら、いつまでも引きずらずにスパッと反省して、次の誘惑にその教訓を生かしてください。

それを繰り返すことで、とにかくまずは一回、誘惑に打ち勝つこと。

それが勝利への第一歩です。

たとえその後順調に行かなくても、諦めたらダメです。

成功したり失敗したりしながらもトータルで前進・向上して行けば良いのです。

その小さな前進・向上を積み重ねて行くことで、真の完全勝利へ着実に近づいて行きます。

 

”自己を支配する者のみが真の勇者である。”

 

 

お酒の誘惑に打ち勝った時にあなたは真の勇者となるのです。

そのチャンスが、今あなたの目の前に広がっているのです。

 

あなたが勇者となる日が必ず来ることを信じて、これにて了。

ありがとうございました。

 

今回は谷口雅春先生著『青年の書』第十五章「吾が心の王国を支配せよ」を参考に書かせて頂きました。

お酒に限らず、人生諸事、吾が心の王国を支配できる者が真の勇者であり、その時に環境は心の影であるから、同時に環境の支配者にもなれる、と説かれています。

 

管理人注:下写真、谷口雅春先生です。「生長の家」創始者・谷口雅春先生を学ぶ会様のHPよりお借りしました。

 

↓↓↓クリック↓↓↓

管理人注:じわじわと在庫が減ってきています。

 

クリックしてカスタマー・リビューが読めます、以下その中から二つ紹介します。

”自分にちょうど良いタイミングで出会えた本のような気がします。勇気と希望が沸いてきました。これを読むとみんな夢と希望を抱いていた青年時代に戻るのではないかと思いました。個人的に光明思想は好きなので、もう一回読み返したいです。” BY Lさん

”「自己の内部理想」「背水の陣をしけ」「言葉の力を修練せよ」「決意の青年たれ」など未来のある青年を鼓舞する文章が、美しくかつ激しい文章で綴られている。すべての中学・高校に配布して生徒に読ませたいと思うのは私だけであろうか。若者だけではなく、あらゆる年代の者が読むべき本である。特に失意の人は一読後たちまち生きる勇気が湧いて来るのを感じることができるであろう。” BY capitan_futuroさん

研究室より。

「お酒・アルコールをコントロールする方法について」は今回の最終章(その6)をもって終了しました。

その1から今回の最終章まで全てをみて、コントロールを可能にするための要素を以下10か条としてまとめてみました。

私が完全決別するまでに至った10の要素です。

各条項にどの章で解説しているか( )にて示しました。

管理人注:その4および5が( )にありませんが、これらの章は以下の10か条を補完する章となっているためです。

 

「お酒・アルコールをコントロールするための10か条」

 

1. 趣味など、お酒以外に好きなものに没頭することでストレスを発散し、お酒を遠ざける。心から歓喜できるものを見つけることができれば、お酒は自然と遠ざかるし、むしろ有害になる。(その1)。

2. なりたい自分、目指している資格、憧れている人など、目標とするところの達成に全力を注ぐことで自然と飲酒を控える(その1)。

3.自分がお酒に依存することは家族全体の不幸へと繋がって行く。アルコールへの依存から解放されることは自分自身の幸せのみならず家族全員の幸せに繋がる(その1)。

4.両親への感謝を忘れない。この感情を高めることは自己の心を朗らかにし、喜びの明るい心境で満たすので、お酒は自然と不要な方向へと進んで行く(その2)。

5.『生命の實相』第7巻 生活篇を熟読することで、人間はお酒に支配されるような弱い存在ではない、酒を支配する強い存在だと心底理解する(その3)。

管理人注:ここでは特に第7巻と述べてますが、それは『生命の實相』を初めて読む方に最も適した巻であろうということと、飲酒に限らず日々の生活の改善に直結する具体的な提言に溢れているからです。

生命の実相―頭注版 (第7巻)

 

6.普段の生活において、何事にも恐怖することなく、また取り越し苦労をしないことで、ストレスは軽減され、お酒に頼ることが自然と減って行く(その3)。

7.「自分はアルコールをコントロールできる(あるいは誘惑に打ち勝つことができる、止めることができる、など)と強く繰り返し念ずることで、その想いを潜在意識にまで刷り込んでゆく(最終章)

8.お酒を飲みたいと思った時に、「自分はアルコールをコントロールできる」と想うことで、その誘惑に抵抗する。そしてそれに勝つまでチャレンジし続ける。もし一回でも勝利できれば、それが次の更なる勝利へと繋がって行く(最終章)。

9.アルコールをコントロールできる喜びは感情にまで高められて行く。アルコールへの依存度が減って行く中、心から感謝の念が沸き起こってき、完全決別(依存性ゼロ)が達成される(最終章)。

10.お酒の誘惑を完全に断ち切ることができるようになるまで決してあきらめない。起き上がることさえできるならば、今、お酒で苦しんでいること、それに打ち勝とうと努力していることは、自分の生命の経験を増し、自分の生活体験を豊富にし人への思いやりを増し、愛を一層深めて、その人を一層完全な人とする資料となって行く(その3)。

 

この話は番外篇として。

 

 


PAGE TOP