お酒、アルコールをコントロールする方法について。(その4:僕はこれで完全決別した。)

2019年2月11日

TOKIOのメンバー、山口達也さんが女子高生に強制猥褻行為を働いた容疑で書類送検されました(2018年4月現在)。

被害に遭われた方はまだ子供(16、17歳くらいとのこと)。

46歳の、もう50にもなろうとする男が、高校生にそのようなことを実際に行った・・・。

 

以下私から彼へのメッセージです。

 

”山口達也さんへ。

女子高生のその後の人生、どう考えてたのですか?

おそらく、そんなことは一切考えていなかったのでしょう。

でないとあんなことはできないですよね。

酷く悲しいことではあるが、自分の欲求を果たしたい一心だったのかな。

久しぶりのアルコールで判断思考が麻痺してたのでしょうか。

 

あなたには二人の息子さんがいますね。

僕はその二人の子供達のことを思うと、可哀そうでしょうがない・・・。

あなたのご両親も酷く悲しんでいると思いますよ。

 

山口さん。

あなた、自分はさておき、息子さんたちの気持ち考えたことありますか?

さっきも話したけど、自分がやろうとしたことが、まだ子供である被害者の今後の人生に与える影響考えたことありますか?

被害者のご両親のお気持ちは?

中年男性の性的欲求のはけ口として使われる娘のご両親のお気持ちです。

 

もし自分がやったことを息子達がやったら、あなたどう思いますか?

自分の息子にやって欲しくないことをやっちゃダメでしょう。

 

子供にとって父親はこの世で一番のヒーローなんじゃないかな。

そのヒーローがこんなことやって、子供達は本当に残念だったろう。

 

・・・でもね、それでも、世間の皆がどんなにあなたのことを非難しても、子供達はきっと信じていると思うよ。

本当のお父さんはこんなんじゃないんだ、って。

これは偽物のお父さんだって。

これは僕の想像ではあるけど、きっとそうだと思う。

だから、これからはそんな息子さんたちの想いに応えられる立派な人間に父親になってください。

迷惑をかけた女性、全ての人達への償いも含めて・・・。”

 

 

 

 

完全決別のすすめ。

 

さて、彼が起こした今回の事件ですが、その原因は、お酒に間違いないですね。

お酒(おそらく飲みすぎでしょう)で体調を崩し、入院していて、退院したその日(!)に、焼酎を一瓶(!)飲み干したとのこと。

 

・・・完全なアル中ですね。

 

私の想像ですが、おそらく彼は酒を飲んでなければ、今回のような事件を起こしてはいない。

酒を飲んだがゆえに、鬱積していた邪悪な思念が解き放たれて、判断力が利かなくなり、行動に起こしてしまったに違いない。

 

PS:山口さん。

悪いことは言わない。

もう、酒はやめた方が良い。

完全決別。

十分飲んだろう?

 

さて、あなたは今、お酒を、アルコールをコントロールできずに苦しんでいますか?

以下の記事を私は今まで書いてきました。

お酒、アルコールをコントロールする方法について。

お酒、アルコールをコントロールする方法について。(その2)

お酒、アルコールをコントロールする方法について。(その3)

 

今回は、その4ですが、私がいつも行っている生活習慣について少しお話します。

結局この生活習慣を維持することが飲酒を絶つ基でもあり、完全決別へと繋がって行ったのです。

 

完全決別と言っていますが、状況として飲むこともあるけど、もう普段自らは飲まないということで、依存性ゼロをもって完全決別と言います。

実は昨日も、結婚記念を祝うために妻と外食に出かけて、久しぶりにドラフト・ビールを飲みました。

美味しかったです。

程よい酔いで会話が弾みました。

でも今日はもう飲もうとは思わない。

あれは特別なシチュエーション、今日は特に予定なし。

よって通常の自分の生活に戻ります。

それはまさに私の”リズム・オブ・ライフ”

前回の記事で述べた、朝の瞑想を始めとする一連の”行事”です。

本当の自分に向き合う、静かな時間から開始する一日。

その想いが実際に展開してきた生活習慣が、野菜を十分にとる食生活、ジムに通っての心身リフレッシュ、歯磨習慣、祈りの習慣、などです。

 

自分の魂が歓喜することを継続して行う。

例え小さな歓喜でもいいんです。

魂が歓喜する良習慣の実践が過度の飲酒癖といった悪癖を自然駆逐して行くのです。

 

 

まとめ

お酒で人生を台無しにするようなことは誰にも起こって欲しくない。

しかし例え起こってしまったとしても、大丈夫。

過去は全て過ぎ去ったこと、大切なのは今、これからです。

必ず、できます。

克服できるまで、絶対にあきらめてはいけません。

 

飲酒・アルコールをコントロールする大きな鍵の一つは”良い生活習慣の構築・実践”です。

それを行うことによって、自分が進歩・進化していると実感できる何かを継続して行うことです。

私の場合それは、”早朝行事”であったり、”ジム通い”であったり、”野菜・スムージーの朝食”であったり、”歯磨き習慣”であったり、”一日一祈の実行”などであったりする訳です(管理人注:ジョギングをしていましたが、訳あり今は中断しています)

どんな小さなことでもいいから、”良生活習慣”を始めてみてください。

この記事の下に、私が行っている良生活習慣の記事を載せていますので参考にしてください。

 

辞めようと思うということは、辞められる、ということ。

じゃないと辞めようとは思いません。

そして、その想いは日に日に募っているのでしょう?

・・・その想い、実現させましょうよ。

自分の力を信じましょうよ。

”お酒、アルコール、絶対に克服するぞ!

今がその時だ!

今すぐ動き出せ!”

私の”早朝行事”のお話はこちら。

野菜・スムージーを朝食にしてみませんか?

週一でもジムに通ってみませんか?

昼に歯磨きをするだけで人生変わってくる?

一日一祈りの実践。

お酒, 健康お酒

Posted by HAL


PAGE TOP