生き方, 青年の書

標題のセリフを見て、ぴんとくる人は新日本プロレスが、かなり好きな方ですね。

これは、プロレスラー、EVIL(イービル)選手がIWGPのタッグ選手権をパートナーのSANADA選手と戦っている時に常に述べていた言葉です。

PAGE TOP