【食生活を改善したい方、必見!】簡単蒸し野菜でアンチエイジング、健康増進!

2018年4月10日

ずっと以前に紹介しました、野菜をスムージーにして取得する方法がこれです。

野菜・果物スムージーで病気のない健康生活を実現!

これは私イチ押しの食生活改善法・健康増進習慣で、以来風邪をひくこともなく、体の調子もよく、朝の通じも問題ありません。

もう5年ほどこの状態が続いていますから、絶対の効果があると自負しております。

 

実はこれに追加して行っているのが、標題にある、野菜を蒸して食べる、というものです。

全ての野菜がスムージーでとれるわけではありませんので、この方法によって”追加”、という形で取っております。

それを今回は、酢漬けの調理方法と合わせて、お届けしたいと思います。

本当に簡単です、ぜひご覧ください!

まずは材料の買い出しから。

本日は日曜日。

天気はあいにくの雨。

今週は平日ジムへ行くことができなかったので、幸い特に予定がないことですし、ジムに行って汗を流しました(私のジム通いについては、このリンクをご覧ください:運動不足を解消する以上にメリットがあるジム通い、その理由。

その後ジムからの帰宅途中、野菜の買い出しに行きました。

これが本日の買い物です、全部で$12ほどでした(全てオーガニックです)。

 

 

ケール、パセリ、ニンジン、レモン、これが私不動の4種類。

これに先週の残りものである、ブルーベリー、ラズベリーを加えてスムージーを作ります。

いつものように、朝すぐに作れるよう、洗って容器に詰めました(詳細は、上記冒頭のリンクにてご覧ください)。

 

今回は不動の4種類以外に、玉ねぎ、赤ビート、ピーマンを買いました。

玉ねぎはほぼ毎回、赤ビートはよく購入します。

あとはその場の気分で買ったり買わなかったりです。

今回は緑のピーマンを買いました(結構大きなものが安く売ってましたので)。

 

それでは以下、その三つ、玉ねぎ、赤ビート、ピーマンを調理して参ります。

非常に簡単です!
管理人注:野菜の切り方等、非常におおざっぱなので、その点あらかじめご了承願います(笑)。調理時間は全部で30分ほどです。オカダカズチカ VS AJ スタイルズ 2014年、博多どんたくの試合を観ながら作りました。なるほど、AJ スタイルズ、なかなかやるな(といっても知らない方がほとんどでしょうね)。

 

 

玉ねぎは酢漬けにする。

 

玉ねぎの効用は、血液サラサラ効果が有名かと思います。

人間の体は血液が巡ることで維持されている訳ですから、綺麗な血液を保つことが大切なことはすんなりイメージできますね。

玉ねぎの詳しい効用につきましては、以下のリンクをご覧ください。

「効果効能」の知恵袋ブログさんより。玉ねぎの効能について。

 

さて、私の調理方法ですが、丸々一個、ざっくり切りまして、容器に入れて、それに酢(私はリンゴ酢を使っています)を200㎖加えます。

 

 

その上に、甘味料としてアガベシロップを少々入れます。これがそのシロップです。

 

ちょっとしょっぱいので入れるのですが、少量なのでハチミツとかでもいいかと思います。

しょっぱさが気にならない人は何も入れずでもちろん結構。

冷蔵庫に入れて、翌日には完成しています。

夕食、あるいは昼食に少しづつ頂きます。

酸味があり、はじめは抵抗があるかもしれませんが、慣れるとおいしいものですよ。

 

赤ビーツは蒸す。

 

次にビーツですが、これも効用が多々あります。

有名なところは、アンチエイジング、あと癌予防

飲む献血と言われており、血の栄養になる鉄分が豊富とのこと。

本当、切ったらまるで、血のように赤いジュースが流れてきます。

以下のリンクに詳しい効用が載っておりますので、ご覧ください。

Life or Eat さんのブログより。ビーツの効能について。

 

さて私の調理方法ですが、切って蒸すだけです(笑)。

一応以下に紹介します(今回は、ピーマンも一緒に蒸しました)。

綺麗に洗った後、ちょっと大きめに切ります(綺麗ですね~)。

 

 

ピーマンも同様。

管理人注:包丁、かなり大型です。ピーマンの大きさがお分かりになるかと思います。

 

次にそれを鍋に並べて行きます。

 

ビーツの葉っぱも綺麗に洗って、上に載せます。

 

あとはこれを蒸してゆくだけ。時間は15分ほどです。

 

タイマーセットして、15分後の写真です。

非常にかさばっていたのもこの通り。葉っぱがしんなりしています。

 

以下容器に移して、玉ねぎと同様、昼食、夕食時に少しづつ頂きます。

 

この二つの容器に入った酢漬け玉ねぎと蒸し野菜を、週5日で頂きます。

意外のようですが、この蒸し野菜、そのままでも味があり(甘いです)、何もつけずに十分食べれます。

 

朝のスムージーと合わせて、これで野菜は十分。

① スムージー(ケール、パセリ、ニンジン、レモンの4種類に、リンゴ、ブルーベリー、ラズベリー等加えます)

② 酢漬け玉ねぎ

③ 蒸し野菜(ビーツ、ピーマン、などなど)。

この三つが私の”ルーチン基礎野菜”(週5日。週末は、外食等、野菜を気にせずなんでも食べるようにしています)です。

管理人注:最近は週末も入れて、週に2~3食はこの”ホット野菜スープ”を作っています(とはいえ調理時間は10分ほど、超簡単です)。トマトが中心です、これがまた美味しいです。

私の食生活は、完全に変わりました。

驚きの”ホット”野菜スープをバイタミックスで作ってみたところ、なんと・・・!【追加】レコード・CD鑑賞始めました。

 

自画自賛ではないですが、私、今48歳ですが、大抵の人から5歳は若く見られます(人によってはもっと若くみられることもあります)。

髪の毛はちょっと白髪交じりですが、基本的に黒ぐろ、肌はしっとり、目も白く(黄色っぽくない)、歯並びもよく綺麗です(これは15年前に矯正しました)。

自分でこんなこと言って、嫌味のようで申し訳ありませんが、おそらく、この三つの野菜取得生活習慣の効果が大きいことは間違いないでしょう。

 

アンチエイジングの野菜取得生活習慣、もちろんこのやり方がベストなどとは言いません。

私も見よう見まねで初めて、これに固まったのです。

野菜の種類、調理方法等、他にもいろんな方法があるかと思います。

そこは皆さまいろいろ工夫頂いて、自分に最も合った方法をお探しください。

 

とにかく始めること、そして(変更しながらも)続けること、これに尽きます。

 

野菜の取得が十分でないと感じている方、まずは少しづつ初めてみませんか?

継続は力なり、健康ライフを実現しましょう。

PS:”研究室より”の記事、広告下に追加しました。

 

 

研究室より

さて、この野菜料理ですが、ご覧の通り、”料理”とは決して言えるレベルのものではございません(汗)。

私、メインの昼弁当は、家族皆で食べる晩御飯の残り等会社にもって行きますが、この酢漬け玉ねぎと蒸し野菜も別枠でもって行きます。

これがばかにできません、結構な量です。

しっかりと栄養補給してくれているはずです(玉ねぎの残り酢も少々頂いてます)。

午前中、ちょっと小腹がすいたな、といった時に、これらの野菜を食べることもあります。

 

管理人注:下画像、本日のお昼です、自分の机の上で食べてます。カレーの残り、酢漬け玉ねぎ、赤ビート、赤ビートの葉、それと赤ピーマン、全て蒸したものです。あとはチーズとハムのサンドイッチです、朝2分で作りました(笑)。

 

 

蒸し野菜、こんなの食べて退屈だろうと思われるかもしれませんが、実際食べてみると案外おいしいのです。

本文にも書きましたが、野菜本来の甘味があって、自然のおいしさです。

これが本当の”うま味”なんでしょうね。

普段、野菜ってなにもつけずに食べる、ってこと少ないですよね。

何をつけるかにもよりますが、できれば体に良くないものは避けたいです(あまり神経質になる必要はないですが)。

おいしい野菜を蒸してそのまま食べる、ぜひ試して頂きたいなあと思います。

 

食生活の結果は短期では分からないが、長期的に分かるものです。

これは実は、恐ろしいことで、短期で分かれば、すぐに異変が分かるのが、長期にわたってじわじわくるので、ある地点に到達するまで異変が分かりにくい。

その逆もしかりで、こういった改善をしたからといって、ただちに(肌のつやがよくなるとか)外見が変わるわけでもない。

こちらもじわじわくるのだろうと思います。

しかし言えることは、両方とも長期でみた時には、良くも悪くも大きな結果を生む、ということ。

良い結果を生んで健康的な人生を歩みたいものです。

 

さて、最後に、私が大好きな俳優である、片岡鶴太郎さんのブログより、彼が毎週作られているお料理を紹介します。

片岡鶴太郎 オフィシャルブログ 鶴日和より

さすが、全ての料理が芸術的です。

ご自身で手作りされているとのこと、ただただ感心します。

超御多忙の中、どこに時間があるのやら・・・、頭が下がります。

 

私は30分週末料理(とも言い難い)に費やすのみ・・・。

いつの日か、理想の料理作り、実現させたいです。

健康, 野菜野菜

Posted by HAL


PAGE TOP