より魅力的な人間になるにはどうしたらよいのか?答えはたった一つの生活習慣。

2017年11月24日

”イチロー選手は一日に5回やるらしい。”

 

 

とはいいましても野球とは関係ありません。

運動とかエクササイズでもありません。

何かお分かりでしょうか?

これを5回もやるとは、かなり多いです。

普通の人は決してそんなにやらないです。

ちょっと考えてもらえますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えは”歯磨き”です。

なんでも、朝、練習後のシャワー時、帰宅後、夕食後、寝る前の5回も歯を磨いているそうです。

スーパー・プレーヤーの彼だからこそ歯をケアすることの重要性を人一倍理解し、プレーに与える影響を考えての行動なんだろうと思います。

 

 

管理人注:言わずと知れたイチロー選手(画像ウィキペディアよりお借りしました。)。今やアメリカ野球選手の中では現役でありながらすでにレジェンド。これほど凄い日本人野球選手は二度と現れないのでないか・・・?

彼がジョージ・シスラー選手の年間安打記録を更新した時(2004年)の新聞記事をラミネート加工にして書斎の壁に貼っています。あれから早13年・・・。それを見ながら、何度も励まされました。

 

そこまではいかなくとも、歯を磨き、清潔に保つことの大切さを私たちはもっと考えるべきです。

後ほど述べますが、そこから歯のケアに対する認識も変わってくると思います。

ところで、歯が綺麗だと確かに魅力的ですが、本当にそんにな魅力的な人間になることができるのでしょうか?

私の体験で言うと、現在の歯磨き習慣 (日に3~4回 : 朝、昼、夕方(時々)、寝る前。昼と夕方は職場で)を身に着けて確実に生活感が向上しました。

ここでは磨き方より、そのメリット、なぜ歯を磨くことでより魅力的な人間になることができるのか、についてお話したいと思います。

いろいろ異論があるとは思います。

特に職場ではマウスウォッシュですませた方が楽で効果的、ガムを噛め、など。

私も以前はガムを噛んでいましたが、歯を磨いた方が絶対にいいと今では思います。

朝晩、家では皆さん歯を磨かれると思いますが、問題はです。

その時に歯を磨くか、磨かないかで大きな差が、ちょっと大げさに言うと、人生が変わってきます

ですから、職場・学校での歯磨き実践になりますね。

※ちなみに管理人は歯の専門家ではありません。まったくの個人的見解で以下述べておりますので、その点あらかじめご了承願います。

 

 

なぜ歯を磨くのか?

昼食後に口を水でゆすいでみてください。

結構いろんな食べかすが残っているのがわかります。

それをさっと水で流して、口の中をすっきりさせるだけでまず気分が違います。

その後、歯磨き粉を付けて、これまたさっと歯を磨きます。

その後、手早く口をゆすいで完了。

その間、ほんの2分ほどでしょうか?

もし歯磨きを習慣として行っている人ならば、舌で歯の裏を触ったときに歯のつるつる感がわかります。

また、手で歯をこすると、”きゅっ”と音がします。

この歯を綺麗にした時の気持ちのよさ、爽快感は、歯を習慣的に意識して磨いていないと分からないかもしれません(ちょっと偉そうでどうもすみません。m(_ _)m)。

本当はデンタル・フロスで歯間も綺麗にすれば完璧なんでしょうが、お昼どきにそこまでやるのもなんだと思います(でもデンタル・フロスは日に一回は必須です!)。

ただしソフトピックを使って歯磨きでは取れない歯に挟まったものを取ることはお昼にもやった方がいいです。

簡単に素早くできますし、歯磨き後でも結構挟まっていて私は必ずやるようにしています。

歯茎のマッサージ効果もあります。

もし購入をお考えならば、まずはこれをお勧めします。

無香料、細めタイプではじめての方にも使いやすい、携帯ケース付き、40本入りです。

↓↓↓クリック↓↓↓

GUM(ガム) ソフトピック40P 無香料 [SSS~S]

 

私が今使っているものはこれです。

ちょっとだけ高価になりますが、上のものと比べて、各段に使い易く、歯茎へのマッサージ効果もこれを使った方が高いと思います。

↓↓↓クリック↓↓↓

ガム・ソフトピック カーブ型 30P サイズSSS~S

 

ソフトピックを使って一ランク上の歯ケアを目指しましょう!

お昼の歯磨きはこれで十分、気持ちよくリフレシュできます。

 

自分チェックを行う

歯磨きの場所は、おそらく多くの皆さんの場合、職場・学校のトイレの洗面所になるかと思います。

実は歯磨き自体は、朝晩しっかりとやっていれば、本当ものの数分で十分だと思います。

私はその機会を使って、ちょっとした自分チェックを行っています。

お昼時に歯を磨きながら、あるいは磨いた後に、鏡で自分の顔をみながら、自分の心がけていること、日々目標としていること、午前中の反省などを確認するのです。

それまでに嫌なことがあったとしても後に引きずらないように、あるいは少なくともそれを緩和するようにと努めています。

また、実はこれが特に重要なのですが、そこで鏡をみながら、笑顔を作ること。

 

 

瞬間でいいので、きれいにした歯で”にこっ”としてみる。

たとえ少し顔の作りが不細工であっても、歯が清潔だと笑顔も映えますよ(私の実感です、笑)。

その笑顔が自分の心に印象されることで、その後の表情、行動、言動に明るい笑顔の要素を与え、周りからの印象が自然に良くなります。

一日一回、お昼時、一日の折り返し時点に笑顔を鏡の前で作る習慣。

人生を好転させるのに結構効果的だと思います(一回とは言わず本当はもっとやった方がいいのでしょうが)。

 

周りの見る目が変わってくる

歯がきれいになって、清潔感が増して、周りのあなたを見る目が変わってくる、これは事実です。

また、職場の人は当然あなたが歯を磨いているのを見かけますから、”この人は食後に歯を磨く清潔感のある人だ”との印象を抱きます(まあ、それが目的で歯を磨くわけではありませんが・・・)。

実際、男性であれば、確実に女性からの好感度は上がるでしょう。

基本的に性別に関係なくですが、女性の男性に対する印象は特に大きく変化するはずです

別に白い歯でなければならない、と私は思いません。

もちろん白いに越したことはありませんが、体質等にもより、歯がなかなか白くならない人もあるようです(私もそうです)。

 

 

習慣的に歯を正しく磨いていれば、たとえ黄色いっぽい歯の色をしていても清潔感は伝わります、輝きがありますから。

肌の色でもそうですよね、白人以外の綺麗な艶のある美しい肌をした人は(当然)たくさんいます。

お昼時の歯磨きで、口臭も抑えられるはずです(私は歯ブラシで軽くゆっくりと舌の上を磨いています。

実際には舌の掃除もありますが、これはまた別の機会に述べたいと思います)。

歯をきれにするということは、体の内側から綺麗になるという形式に近いので、真の清潔感がでてきます。

洋服・アクセサリーで着飾る、香水をふりまく、という表面的なチェンジよりも本質的でリアルな身体のチェンジです。

どうせ着飾るなら、綺麗で清潔な歯と笑顔を伴ってしてやれば最高ですね。

 

歯を綺麗にすることで自信がでる

結局、自分への自信が高まります。

魅力的な人間になる、というのも究極的にはもっと自信にあふれた自分になる、ということです。

 

 

たかが歯磨きではありますが、今まで見てきましたとおり、これはインサイド・アウトのチェンジなので、人間の中身が変わって起こる変化であります。

歯を磨くことで虫歯も予防され、健康にもいいのは当然です。

これを突き詰めてゆくと、例えば今歯並びの悪い人は歯の矯正を考える、あるいは歯医者に定期的に通って歯垢を取り除くケアを受けるなども考慮すべきです。

その後の人生への影響を考えると、歯の重要性はいくら強調してもしすぎることはありません。

 

一番大切なことはマナーを守ること

職場・学校のトイレによって歯磨き環境に大きな違いがあるかと思います。

私も職場でトイレの利用者が多いときなどは、気まずさから急いで歯磨きを切り上げることがあります、それはしょうがないですね。

職場・学校等公共のトイレで歯を磨くときには、トイレを利用する人の邪魔にならないようにする、また使った後は洗面周りをきれにするなど、最低限のマナーを守ることは当然のことです。

またそういった点を回りの人はちゃんとみているので、マナーの悪い人はいくら歯がきれいで、清潔であろうが、まったくの逆効果となってしまいます。

綺麗で清潔なのになぜか好感度ゼロ、という事態もありえますね、注意しましょう。

 

さてさて、もし私が会社の社長なら、まずは歯磨き専用の洗面所を会社に作ります。

トイレはなし、歯磨きのみの洗面所。社員が気兼ねなく歯を磨ける環境を提供する。

清潔感あふれる素晴らしい会社になると思いますが、いかがでしょう?

インターネットで検索した限りそのような会社は見当たらないですが・・・。

 

 

研究室より

記事で紹介しております、ソフトピックですが、これは本当に優れモノです。

まだ使ったことのない方、ぜひお試しください。

綺麗に磨いたつもりでも、歯の根元と歯茎のあいだには結構詰まっているものです。

ソフトピックでケアして、口をゆすいで、小さな食片を見る度に、まだこんなに詰まっていたか、と毎回思います。

歯磨きでは取れないのですね。

歯磨き歯間掃除(デンタルフロス)、このソフトピック掃除、仕上げにマウスウォッシュ、この4点が私のルーチンです。

ちなみに、私が使っているデンタルフロス、マウスウォッシュは下のものです。

このフロスは切れにくい、歯に引っ掛かりにくい、無味、でいろいろ試した中で一番良いと思いました。

↓↓↓クリック↓↓↓

『海外直送品』Oral-B Glide – Deep Clean Floss: デンタルフロス (40m) X 12 units; Total 480m – お買い得セット

マウスウォッシュですが、使っていて”痛い”ものがあります。

あまりの酸味、というかうまく言えませんが、結構そういったものが多いです(日本のものはそうでもないのかもしれませんね。

まあ、それだけ効いている、ともいえるのかもしれませんが)。

これはそういった酸味がないもので、気にいっております。

口内で一分ほどゆすいで、吐き出すのですが、吐き出した後の口内が白い泡で満たされます。

ですからそれをまた吐き出す、といった感じです。


Listerine Advanced Whitening Mouthwash 1L – リステリンは、マウスウォッシュの1リットルをホワイトニング高度 [並行輸入品]

それでは皆さん、綺麗に歯を磨いて口内を清潔に、快適な毎日をお過ごしください(舌の掃除もお忘れなく)!

 

管理人注:イチロー選手がシーズン安打記録を更新した2004年の新聞記事はこちらです。

舌の掃除で私は口臭が無くなりました。その記事はこちらです。

 

健康, 歯磨き

Posted by HAL


PAGE TOP